沖縄旅行

海がメインの沖縄旅行

日本の綺麗な海の代表といっても過言ではないのが沖縄の海です。写真や映像でしか見たことがない状態で、実際に目の当たりにしたらどれほど圧倒されるかわかりません。人によっては、海のイメージそのものが変わるくらいのインパクトがあるかもしれません。
それだけの海がある以上、海関連のプランは沖縄旅行の際に欠かすことができない存在です。海水浴目的であれば3月の海開きから10月に閉じるまで、かなり長い時期を楽しむことができます。それだけに、混み合う時期を避けて逆に空いている時期に沖縄旅行へ行ける魅力があります。
沖縄で海開きを体験し、そのときに桜の開花が重なれば早いもの尽くしを味わえます。10月でも夏日が多く最低気温も20度以上がほとんどで、遅れて夏休みが取れたとしても海水浴をするには十分なコンディションです。ダイビングが目的なら年間を通して楽しむことができ、旅行のスケジュールに合わせて半日か1日のプランが選べます。
体験ダイビングならライセンスを持っていなくても可能ですし、初めてでもインストラクターが同行してくれるので安心できます。海中の景色にも変化があります。可愛い魚達が泳いでいるときもあれば、クジラと出会えることもあります。サンゴの産卵は幻想的な雰囲気を味わえます。海をメインとした旅行プランで楽しむのも沖縄旅行ならではの選択です。

沖縄旅行の思い出

私が唯一沖縄に行ったのは、もう随分前になります。友人の結婚式に参加するために行きました。結婚式に参加するだけなので割りと時間があり、観光することもできました。レンタカーを借り、鍾乳洞があるということなので、それを見に行き、そこにハブ酒を造る施設があり見学、そこでヘビを首に巻いた写真を撮影。
ちょうどそこで沖縄の有名な民俗舞踊であるエイサーのショーをやっていました。1度見てみたいと思っていたので凄く良かったです。当時はやりませんでしたが踊り方なんかを教えてもらい踊らせてもらえば良かったと今更ながらに思います。続いて向かったのは首里城。さっと見た程度なのであまり覚えてないのですが歴史を感じる建造物でした。そして沖縄旅行に来たら誰もが訪れると言われる国際通りにお土産を探しに行きました。
さすがに有名な所なので沢山の人がいて賑わっていましたが、色々な土産物を探すことができて良かったです。沖縄旅行と言えば国際通りと言われるくらいベタな観光地ですが、ここは本当に楽しかったです。結婚式という本来の目的を忘れてしまいそうな観光地巡りでした。もちろん結婚式は素晴らしくホテルも海もとても綺麗で食べ物も美味しかった。美ら海水族館等まだ行ってない所もあるので、いつの日かまた沖縄旅行をして観光だけで訪れたいですね。

沖縄旅行の交通手段はバスも便利

鉄道がない沖縄旅行で利用できる交通手段には、レンタカーやバス、モノレール、タクシーなどの選択肢があります。レンタカーを選ぶ観光客の方は多いのですが、バスの利用も意外と便利でおすすめです。
那覇空港からは、本島北部・名護市まで直行できる路線バスや高速バス、観光バスが多く通っています。那覇空港から名護市までは1時間30分~2時間で到着し、乗り換えなしで行けるので大変便利です。空港から人気スポットの美ら海水族館まで直結するバスもあります。
また、那覇空港から本島中部・北部のリゾートホテルへ直行できるリムジンバスも人気です。このバスは事前に予約していなくても利用できますので、ぜひ活用しましょう。リゾートホテルからそのまま乗車できる定期観光バスツアーもあり、美ら海水族館や首里城、パイナップルパークなど人気の観光スポットを効率よく巡ることができます。お土産をたくさん買っても、バスに荷物を積めるので安心です。
沖縄旅行中は国際通りや首里城など、那覇市内を散策するなら路線バスとモノレール(ゆいレール)を組み合わせて移動すると良いでしょう。路線バスは、土日祝1日限定フリー乗車券というチケットを使えば、割引料金でお得に乗車することができます。特に那覇市内の路線バスは充実していますから、沖縄旅行中にレンタカーがなくても移動には困らないでしょう。


ファクタリング会社はしっかりと選びましょう!おすすめの『ビーピーエー株式会社』では安心の対応をとってくれます!業界最低水準の手数料かつ安さが魅力的です!